2022/12/07
大学時代、亀岡から9号線で京都市内へ向う。 グネグネと老ノ坂峠を越えて千代原口の交差点で渋滞にハマり。 桂川を渡って五条通の大きなガスタンクが見えると市内に帰って来たと実感したものだ。 今は【リサーチパーク】という施設になっている。 あのガスタンクに貯めてたガスは、今どこにあるのだろう?...

2022/12/06
隔月でテーマに合わせた創作落語をネタ下ろしする『創作落語をひらう会』 2月のテーマは「バレンタイン」 私は恋愛ネタをあまり作った事がない。 今回は本格恋愛落語を作れるように頑張ります!

2022/12/05
急にサラダが食べたくなって行ってみた。 サラダの店【サンチョ】

2022/12/04
今年の流行語大賞は「村神様」かぁ。 やっぱりキエフからキーウとメディアがごっそり言い換えたのは印象的だったから「キーウ」が大賞だと思うけど。 まさかゼレンスキー大統領に授賞式に来てもらう訳にもいかないから、呼びやすいところで「村神様」なのだろう…知らんけど。 この「知らんけど」が入っているのも不思議。 関西人なら誰しも使う。...
2022/12/03
2ヶ月に1回姫路に来ている。 常連のお客様の顔もほぼ覚えた。 中には開場1時間前から並んで待って下さる方も。 まったくご縁のなかったこの町がとても居心地のいい町になった。 来春の閉館はとても残念だが、ラスト3回精一杯頑張って笑わせたい。

2022/12/02
奈良の【古々粋亭】で隔月に開催している『落語くらぶ』 同じテーマや同じネタと、いわゆる被ると言って寄席ではご法度の落語会を毎回開催している。 次回は、年明け1月15日です。 『第5回落語くらぶ』 【日時】 1月15日(日)14:00〜(開場13:30) 【場所】 落語喫茶古々粋亭 【出演】 笑福亭生寿「相撲場風景」 桂三風「上燗屋」 桂米左「親子酒」...

2022/12/01
着物、人形、結納、宝石、時計など… 晴れの日に必要な品物がそろう、ちょっと高級感あふれる商店街。 もちろん美味しい飲食店も軒を連ねる。 そんな一角に佇むのが【七福座】 詰めても100人入れば満員の会場が、商店街主催で上方落語協会が開催している『七福寄席』の日には平日の昼間にもかかわらず毎回満員になる。...

2022/11/30
しばらく忙しくて民謡のお稽古に行けてなかった。 先生からお手本のテープをいただいた当初は、よく聞いていたが… 最近まったく聞いてなかった。 朝から何回も書き直して、10曲ある課題曲はほぼほぼ歌えるようになったつもりだったが、稽古場に入るとちんぷんかんぷん。 他の生徒さんに口を合わせていた。 稽古できてないの、先生にバレたやろな。

2022/11/29
コロナ禍でリモートのお仕事が増えた。 会場には数人しかいないのに「カメラの向こう側には300人ほどが各会場でご覧になっています。」と言われた。 そうなのだ、目の前にいらっしゃる30〜40倍の方々がご覧になっている。 ただ、笑い声も拍手も聞こえない。 頼りになるのは目の前の数人のお客様、そしてスタッフ関係者。 この人たちがバロメーター。...

2022/11/28
寒くなってくるとお鍋が恋しい。 今年も秋田県男鹿市の方から届きました。 きりたんぽのセット。 醤油ベースに比内地鶏の出汁が効いて旨い。 関西でほとんど食べる事がない芹や舞茸が味を引き立てる。 ご飯の味残るがきりたんぽもいいが、とろけるくらい煮込んだきりたんぽもメチャ旨い。 コレは最高だ。 いつもありがとうございます。...

さらに表示する