2024/05/14
今回の【落語くらぶ】は、露の都師匠との二人会形式です。は、 露の都師匠といえば女性落語家のレジェンド。 この師匠が女流落語の道を開かれました。 男性目線で描かれてきた落語をどうご自身のものにされて来たのかを伺います。 また、師匠は占いのお師匠さんでもいらっしゃいます。 私の襲名襲名にもいろいろアドバイスをいただきました。...

2024/05/12
京都の【みやこメッセ】で開かれた台湾フェスタ『京都新宝島』を見に行きました。 京都と台湾の模擬店が80店ほど出てメインステージでは京都市少年合唱団とStyle Kyoto管弦楽団の「日本の四季・京わらべ歌」や台湾の歌手の謝宇威さんや台湾の民族音楽の京都と台湾のショーを演っていました。

2024/05/12
「新幹線のコーヒー」(2024/1/13)のブログでもご紹介した新幹線の車内で売っていたコーヒーの自動販売機が京都駅新幹線ホームにあります。 前回は、発車2分前に購入して95秒でコーヒーが出来てこなくて、あえなくコーヒーを受け取れずに新幹線に飛び乗りましたが、今回は3分前に購入。 発車ベルが鳴り出した頃にコーヒーが出来上がりました。...

2024/05/10
空き家が増えているようです。 うちの町内会でも100件余りのうち10数件が空き家、または長期不在の家です。 そんな中、歴史ある古民家を買いたい方もいらっしゃるようで。 ーあなた、古民家買いたいと言ってたのに、更地にしてるじゃないですか。 ーだって家建てるなら、さら(新)がいいから解体したんです。 ーああ、古民家解体ね。

2024/05/09
宝くじ売り場で変なお客様見ました。 ーすみません。  ジャンボ宝くじ下さい。 ーバラですか?連番ですか? ーあの、バラ1枚、連番1枚。 ーバラ2枚ですね。 ーいや、バラと連番1枚づつ。 店員さん、かなり困ってはりました。

2024/05/07
昼下がりに教材のセールスがやって来ました。 ーこの教材を使うとお子様の勉強ができるようになりますよ。 ーけど、月々5,000円はねえ。  もっと安くなりませんか?  年間契約で月4,000円とか? ーこの教材、勉強はできないんです。

2024/05/05
【なんばグランド花月】の特別公演に出演中の師匠を訪ねて来ました。 この日は、4回興行。 朝は9時過ぎに楽屋入りして、4回目を終えて楽屋を出る時は9時前でした。 ほぼ12時間缶詰め状態。 わずか15分程度の高座とは言え、毎回超満員のお客様を一人で笑わすのですからパワーが要ります。 とても80歳とは思えないテンポの良さ、笑いの量。...

2024/05/04
自彊術(じきょうじゅつ) 初めてお仕事いただいた時、この読み方がわかりませんでした。 耳馴染みがなく、なにかの拳法かと思ってたら、日本最古のストレッチ体操でした。 この会の記念大会で落語をさせていただきました。 滋賀県栗東市の【さきらホール】に満員に集った参加者は、ほとんど女性。...

2024/04/29
京都府南丹市美山町田歌。 この集落へ毎年落語会で行くようになって22年。 キッカケとなったのが美山育造さんです。 もともと西宮市役所の職員で、40歳までに田舎暮らしをしたいとこの地を選ばれました。 当初、田舎暮らしのノウハウを教えてくれた地元の住民に恩返しのつもりで開いた落語会でしたが、昨年末に20周年を迎える事ができました。...

2024/04/25
2年に一度の【公益社団法人上方落語協会】の会長選挙は、笑福亭仁智会長が再選されました。 今回は、笑福亭銀瓶くんがマスコミを通して会長選挙に立候補すると言う異例の事案があり、うちの師匠六代文枝も上方落語の復活をめざして意欲を燃やしていました。...

さらに表示する