2024/06/13
人は、死ぬんですね。 そして私自身もいつかは。 桂ざこば師匠が亡くなられました。 襲名のご挨拶に伺うつもりでしたが、叶いませんでした。 ざこば師匠の思い出は、私が【繁昌亭】で客席参加型落語をした時「こんなん客いじりや!こいつとは一緒に出たない」と言われたのを覚えています。 それからざこば師匠と【繁昌亭】でご一緒する事はありませんでした。...

2024/06/10
いつまでも元気で高座に上がれるように健康管理は大切です。 私が入っている【大阪文化芸能国民保健組合】は、毎年無料の健康診断をしてくれます。 今年も行って来ました。 前夜から絶食、朝に検尿のため採尿。 これが若い頃に比べて採りやすくなりました。...

2024/06/06
『上方落語落語台本大賞』は今回7回目。 157作品が寄せられて今宵その入選作の発表会でした。 かつて予選審査をしていた時は、それぞれの作品にほぼ目を通して苦痛の日々でしたが、多くのアイデアにも出会えて楽しかったものです。 何を着眼点にするかで選び方も変わります。 今回私がさせていただいたのは「新幽社員研修」(作:今井洋之)でした。...

2024/06/02
民謡の発表会に出ました。 大阪滋賀県人会で聞いた「琵琶湖舟唄」を歌いたくてお稽古して来ました。 尺八唄の部で入賞しましたが、家の風呂ではもっと上手く歌えてたのに残念です。

2024/06/01
落語のいいところは、一語一句間違えて言わなければいけないというルールがないところです。 とくに自分の作った噺なら、誰に遠慮する事もなく好きに演じられるし、ネタ下ろしなら誰も知らないので多少噺の流れが間違おうと構わない。...

2024/05/31
週末は『梅枝・慶枝W襲名披露興行』の告知で、関西のラジオとテレビを5箇所回らしていただきました。

2024/05/28
『四代目桂梅枝・五代目桂慶枝W襲名披露 襲名奉告祭』を生國魂神社で行いました。 いいお天気に恵まれ門出としてとてもいい日になりました。 ネットニュースもたくさん取り上げていただきました。

2024/05/26
『第13回落語くらぶ』は、女流落語のパイオニア露の都師匠を迎えて「男と女の落語の演じ方」をテーマに聞きくらべました。 男社会で作られた落語を女の人がどう演じていくのか?どんな工夫があるのか?聞いてみたかったテーマでした。 まずは、それぞれの得意なフリートーク三風の「さん風のたより」と都師匠の「みやこ噺」の聞きくらべ。...

2024/05/23
襲名披露を控えた忙しい年に町内会長を仰せつかりました。 やるからには一生懸命やりたいので、回覧板にも毎回ちょっとした町内の出来事のコラムを載せたり、ポスト投函でもいい広報も町内会に入ってない方には手配りしたりして、いざと言う時に備えて交流を図ってます。...

2024/05/21
わが家のリビングの西窓には障子があります。 西陽が入る窓をカーテンで仕切ると部屋が暗くなるのでこの障子は採光としてもサイコーです。 今回は、ちょっと色を入れて貼り替えてみました。

さらに表示する