2024/02/21
40年前の今頃は、師匠のお宅に内弟子で入るための準備をしていたように思います。 この写真は、入門したての夏でしょうか? 師匠桂三枝の左が三と九兄さん。 右が三馬枝兄さん。 後列の左から三歩兄、三之丞兄、そして私。 みんな若いなぁ… 先日、落語会のお客様からこんな珍しい写真をいただきました。

2024/02/20
『桂三風の早起き寄席』の魅力は、大阪観光で宿泊されている方が、チェックアウト後に寄席情緒を楽しんでちょっと笑って過ごせる事でしょう。 10時開演で3席90分。 終演後にご覧になった落語を話題に美味しいランチを食べて午後からの観光を楽しむととても有意義な1日になるでしょう。...

2024/02/19
山梨県北杜市での『長坂まちなか寄席』の公演日が近づいて来ました。 今回は、三風、三語、八織で伺います。 そして、当日には特別ゲストがやって来ます。 山梨県の方々ならお馴染みの“みなみおばちゃん”です。 じつは私、めちゃくちゃ“みなみおばちゃん”と親しいんです。

2024/02/17
滋賀県のお仏壇の老舗【永楽屋】さんが企画された能登半島地震の伝統産業従事者支援のチャリティー落語会に協力させていただきます。 お近くの方は是非、笑って能登を応援して下さい。 『永楽屋チャリティー落語』 【日時】 3月29日(金)14:00〜 【場所】 彦根市後三条町 長久寺本堂 【出演】 三風「テレショップパニック」 希遊 「転失気」 三語「 ちりとてちん 」...

2024/02/16
かつて【浪花LSD】と銘打って、上方からキレ切れの落語を引っ提げて東京へ殴り込み、江戸の若手の落語家の度肝を抜かせたあやめ、三風、鶴笑、遊方のユニットが【浪花LED】と名前を変え、30年の時を超えて復活します。

2024/02/16
電車に乗る前に、ちょっと車中で喉を潤すのにコーヒーやお茶のペットボトルを、駅の売店でよく買います。 とくに最近ハマっているのは“白湯”です。 ほどよく温まり、身体にやさしいので重宝しています。 紙の保温ラベルの手触りも妙に気持ちいいです。

2024/02/15
次回の『落語くらぶ』は、桂三風と桂米左で「地獄八景亡者の戯れ」をたっぷり演ります。 新作派の三風が描く地獄八景の全半は、時事ネタたっぷり、そして古典派の米左が描く閻魔の疔からさげまでは、米朝師匠ゆずり。 さあ、どんな噺になるのやら。 前座は呂翔くんです。

2024/02/13
師匠の独演会に勉強に行きました。 楽屋には昨年弟子一同から送った楽屋のれんがかかっていました。 いいデザイン、いい色合い。 いいものを送れたと思います。

2024/02/12
今回の『創作落語をひらう会』は、バレンタインをテーマに3人の演者が創作落語や創作講談を披露しました。

2024/02/11
3月の『第30回大津はつらつ寄席』は、ゲストに六代桂文枝師匠が出演される事もあってほぼ完売。 次回の6月の『第31回大津はつらつ寄席』も番組が出揃いました。 次回は、上方落語の若手実力派のメンバーと共演します。 三風は「菊江仏壇」を致します。 こちらもチケットはお早めにどうぞ。

さらに表示する